老人性イボができないように紫外線対策とスキンケアを行なおう

お肌に優しい化粧品

ファンデ

ミネラルファンデーションとは、不要な科学成分が含まれていない化粧品をいいます。敏感肌の人やお肌に負担をかけたくないと考えている人にとって、とても良い化粧品であるといえます。

もっと知ろう

紫外線で起きるトラブル

微笑む女性

老人性イボとは、皮膚の腫瘍のひとつで脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)ともいわれています。この老人性イボは、早くて20代から30代といった若い時から発生してしまう場合もあるようです。この老人性イボは年齢を重ねるとともにどんどん増えていくものになります。本来、老人性イボは80代を過ぎた辺りから発祥するといわれているのですが、なぜ若い人にも発祥するのかというと原因は紫外線なのです。紫外線をたくさん浴びてしまうと、皮膚に少しずつメラニン色素が作られていき、そのメラニン色素が大きくなると皮膚のおくまで浸透してしまいます。このメラニン色素はお肌のターンオーバーで取り除かれていくのですが、ターンオーバーの働きが良くないとどんどんお肌に蓄積されていくのです。その積み重ねによって老人性イボが発祥してしまいます。よって、紫外線対策を行っていなかった人の多くは老人性イボが発祥してお肌のトラブルを抱えてしまっているようです。老人性イボができないようにするためには、紫外線対策をしっかり行なう必要があります。紫外線対策を行なう事で、メラニン色素が生成されるのを防げるのです。他にも、お肌のスキンケアを定期的にする必要があります。スキンケアをしっかり行っておけばお肌のバランスも整うようになりますので、積極的に取り組むようにしましょう。既に、老人性イボができてしまった人も、これ以上増やさないようにするためにメンテナンスをしっかりと行なうようにしてください。